ご利用規約

ビィコーポレーション有限会社(以下「甲」)は、甲が運営するレンタルシステムホームページ(以下「本サービス」)をご利用に当たり、申込者を会員とし(以下「乙」)以下のサービス利用規約(以下「本規約」)を定めます。

第1章 総則

第1条 (規約の適用)

本規約は、甲と乙との間に生ずる一切の関係に適用されるものとする。
本契約と同様に、本サービスに付随する全てのサービスにも本規約が適用されるものとする。

第2条 (規約の変更)

甲は乙に承諾を得る事無く、本サービスや本規約を変更する事ができ、乙はこれを承諾するものとする。

第3条 (サービス内容)

第4条 (通知方法)

甲が乙に対して通知する方法は、本規約に特に定めない限り、お申込み時に登録された乙の電子メールアドレス宛に、内容を送信する方法ものとする。販売店代理店からのお申込みの場合は販売代理店担当者の電子メールアドレスへ送信するものとする、甲が乙に対して前項記載の方法により通知した場合において、甲からの通知が乙に到達しなかったとしても、当該不到達に起因して発生した損害について、甲は一切責任を負わないものとする。

第2章 利用申込等

第5条 (利用申込)

乙は甲が運営するサイト上の申込みフォームから申込むものとする。
乙が未成年の場合は乙の親権者が申込みするものとする。

第6条 (利用申込の拒絶・取消し)

乙の申込み後、乙が以下のいずれかに該当することが判明した場合、甲はその申込みを拒絶し、又は取り消し、今後会員資格を与えない事がある。また、乙が甲に対して初期費用等を入金後、乙が申込を取り消した場合、いかなる理由があっても甲は乙に初期費用等の返金はしないものとする。

第7条 (利用開始日)

乙が申込みをし、乙より初期費用と1ヶ月分の本サービスレンタル料金が甲に入金され、甲が利用開始メールを乙に発信した時点で開始日とする。乙が申し込み後、最大5営業日以内に、甲が指定する方法で入金確認が取れない場合は、自動的に申し込みを無効とし本契約は開始しないものとする。

第8条 (継続利用期間)

継続利用期間は一律6ヵ月とし、本契約起算日を本サービス開始日とする。また、継続利用期間中に入金が確認出来ない場合は、即日本サービスを停止する場合がある。

第9条 (継続利用期間及び中途解約)

本サービスの利用契約の継続利用期間は一律6ヶ月とします。また、利用期間の起算日は契約日の翌月1日とする。利用期間中、甲は一度支払われた利用料金及び初期費用はいかなる理由があっても、返還しないものとする。また、継続利用期間に満たない場合の途中解約は、中途解約手数料として一律10,800円を乙が甲に支払いするものとする。

第10条 (利用の停止)

以下項目に該当した場合、甲は理由の如何に関わらず乙に対する本サービスの提供をただちに中止し、乙に対し会員資格の停止処分又は除名処分を行うものとする。
また、規約違反により甲に損害を与えた場合は甲が乙に対して損害賠償請求することができる。

第11条 (変更の届出)

乙は申込み時に申告した内容に変更があった場合、乙は甲へ変更内容を報告する。

第12条 (退会)

乙は本サービスを退会する場合、甲が定める所定の本サービス解約届けを使用するものとする。
甲は本サービス解約届けを受領した場合、乙にその旨をメールにて通知し契約期間満了日をもって契約解除とする。
本サービス解約届けは契約期間満了日の60日以上前に甲に届出するものとする。
利用の如何に関わらず、残り契約期間分の返金は一切しないものとする。
中途解約の場合は解約手数料が発生します。解約手数料は一律10,800円とする。
※解約届けはこちらからダウンロードできます。 ⇒ 解約届けダウンロード

第3章 料金等

第13条 (利用料金の支払方法)

第14条 (利用継続)

乙から退会届出が無い限り、乙は甲に対して契約自動延長の意志が有るものと判断し、月額の指定料金を乙は甲に支払うものとする。
契約延長の意志がない場合は、継続利用期間満了日より最低60日以上前に、甲が定める所定の本サービス解約届けを乙は甲へ届出するものとする。
なお、自動更新後の契約期間は6ヶ月間とする。

第15条 (ユーザーアカウントの変更)

乙は提供機能の範囲外でユーザーアカウントの変更は出来ないものとする。
ただし、甲は乙の承諾を得ることなく、ユーザーアカウントの変更をする場合があるものとし、その場合甲は乙に対し当該変更内容をメールにて速やかに通知するものとする。

第16条 (料金改定)

甲は乙の承諾を得ることなく料金を改訂することができるものとし、乙はこれに同意するものとする。 また、改訂後の料金体系は次回契約更新後に適用されるものとする。

第4章 禁止事項等

第17条 (再販行為の禁止)

乙は不特定多数に対し有償、無償に問わず、本サービスまたは本サービスに関連する一部、全ての再販と思われる行為を一切できないものとする。

第18条 (ホームページ公開の制限)

下記の行為その他別途禁止事項のページに定める行為について一切禁止とする。

第19条 (CGIの制限)

下記の行為その他別途禁止事項のページに定める行為について一切禁止とします。

第5章 管理

第20条 (アカウントとデータの管理)

甲が発行したアカウント及びパスワードの第三者への貸し出しを禁止とする。
甲が発行したアカウント及びパスワードの管理は乙が一切の責任を負うものとし、甲は、第三者のアカウント及びパスワードの不正使用等によリ乙に生じたすべての損害についての責任を負わないものとする。
甲が乙に発行したアカウント及びパスワードの再設定、再発行をする場合、再発行設定費用として10,800円かかるものとする。乙のディスクエリア内のデータについては、サーバの障害などによって乙のディスクエリアのデータの一部または全部が消失しても、甲は一切の責任を負わないものとする。
退会後は即日、乙使用のレンタルサーバー領域を抹消する。同時に乙の蓄積データも抹消となる。

第6章 サービスの運営

第21条 (損害賠償)

甲は、乙の本サービスの利用に際し、乙が甲に損害を与えた場合、甲が乙に対し損害賠償請求することができるものとする。また、乙の本サービスの利用により、本サービスに支障の生じた場合は上記とは別に、甲が乙に対し損害賠償請求する場合がある。

第22条 (免責)

甲は、乙の本サービスの利用に際し、第25条 (サービスの停止)に該当する内容やその他、乙に対して発生した損害につき一切の責任を負わないものとする。また、甲は本サービスの利用に際し、乙が第三者に与えた損害の一切の責任を負わないものとし、 乙が第三者に与えた損害は乙の責任と費用をもって解決し、甲に損害を与えることがないものとする。

第23条 (守秘義務)

甲はサーバの保守作業上必要な場合、又は乙からの依頼等、特に必要のある場合を除き乙のサーバースペース上へログインしその情報を入手しないものとする。甲は乙から得た一切の情報を第三者に開示又は漏洩しないものとする。
ただし、乙が事前に承諾した場合には、その承諾の範囲で第三者に開示できるものとし、また、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合には当該処分の定める範囲で、また特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合には、当該開示請求の範囲で、乙の事前の承諾なく第三者に開示できるものとする。

第24条 (合意管轄)

乙と甲の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の合意専属管轄裁判所とする。

第7章 サービスの提供上の細則

第25条 (サービスの停止)

以下の場合、甲の合理的な判断に基づき乙に事前に通知することなく、本サービスの運用の全部又は一部を中断・停止することができるものとする。

上記に基づき本サービスの運用の一部又は全部が中断・停止されたことによって生じた乙の損害については、甲は一切責任を負わないこととします。

第26条 (責任の範囲と情報の削除)

以下の場合、甲の合理的な判断に基づき乙に事前に通知することなく、情報の削除をすることができるものとします。

第27条 (ドメイン及びメールアカウントについて)

第28条 (レンタルシステムホームページ内容)

第29条 (禁止事項)

[ コンテンツの制限 ]

[ 行為の制限 ]

[ CGI・PHP等の制限 ]

(附則)本規約は2011年3月3日からから適用とする。

 
TOP